CAST’ IZM.COM もっと遠くへ、より正確に。 獲物を求めて
CAST’IZM トップへ 可倒浮きで狙うタチウオ
もっと遠くへ、より正確に。 獲物を求めて
可倒浮きで狙うタチウオ 可倒浮きで狙うタチウオ
! 立ち入り禁止の堤防での釣りは禁止です。ご注意ください。
▼ 超高級魚!可倒浮きで狙う”タチウオ”
夏の終わりから秋にかけて、人気がある”タチウオ”可倒浮きを使って、夜釣りを満喫しよう。
画像
1.ポイントを探す
日中は深場で夜になると浅場に上がってくるタチウオ暗くなる前に潮通しが良いか、水深があるか、常夜灯があるかを確認しておこう。
画像
ポイントの紹介
画像 常夜灯回りは小魚が集まりやすく、それを狙いにタチウオも集まってくる。
小魚が見えたらそこは狙い目。
2.状況に応じて仕掛けを工夫!
今回使用した仕掛けを紹介。
いろいろな仕掛けがあるが、今回は可倒浮きを使った仕掛けを紹介。
画像
仕掛けの紹介
画像 遊動仕掛けはこのようにすればタナを釣況に合わせてかえられる。

ガン玉は潮が早く餌が沈みにくい時に付ければいいよ。

浮き止め糸を動かせば、タナが変えられる。
画像 画像
ワンポイントアドバイス ワンポイントアドバイス

タチウオの歯は鋭いから針のチモトはしっかり補強したものを選ぶといいよ。



ダイワから発売している太刀魚仕掛け。針のチモトが編み込みされており、その上にチューブをしてあるからタチウオの鋭い歯にも安心できる。



画像 餌は魚の切り身や小魚を使用。
今回は魚の切り身を使い、このように串刺しにして餌をなるべく真っ直ぐにけ付けるといいよ。曲がっていると仕掛くるくる回って、仕掛けにヨレがつく。
画像 遠投する場合は、このように輪ゴムで固定すると身切れしにくい。
仕掛け図
ロッド/キャスティズム
リール/トーナメントSURF35・キャスティズム
道糸/(PEライン)サーフセンサーハイパー1.5号
力糸/サーフキャスター力糸R クリアー5〜12号
3.手持ち竿でひたすら待つ
仕掛けを投げたら、糸ふけををとって、アタリを待とう。
潮に仕掛けが流されたら、一緒に移動して、糸ふけが大きく出ないようにしよう。
糸ふけが大きいと、仕掛けが潮に乗って流れていかないよ。
画像
4.誘いをかける
アタリが無ければ、竿の弾力を利用して仕掛けを手前に引いてみる。こうやって餌を踊らせて、タチウオにアピールさせよう。
画像
5.浮きが倒れて海面に沈んだら
大きく合わせて一定のスピードでリールを巻く。
でも早合わせは禁物。ケミカルライトの明かりが海面から見えるか見ないかぐらいまで食い込ませよう。
画像
6.思いのほか”簡単・手軽”に釣れるタチウオ釣り
7.美味しく食べるには!!
美味極楽へ(▼クリック)
画像
スーパースッテで狙う軟体系(スミイカ編) 可倒ウキで狙うタチウオ サーフトローリングで狙う青物 スーパースッテで狙う軟体系(タコ編) 胴付き仕掛けで狙うカワハギ
Copyright (C) GLOBERIDE, Inc. All Rights Reserved. Presented by DAIWA
CAST’IZM トップへ